2007年03月13日

小学校の修学旅行 長崎(3) 長崎水族館〜平和公園

長崎水族館(現長崎ペンギン水族館)の遊園地で遊ぶのは、最も楽しみの一つではあったのだけれど、
あっという間に集合時間になってしまった。

次の訪問地は、浦上駅から長崎駅までの1区間を列車に乗るというものだった。

これは、五島のような離島に住んでいる子供たちはほとんどの子が列車に乗ったことがないわけであり、そこで、体験として1区間でも列車に乗せてあげようというものだった。

大都市などで毎日のように電車に乗っている方にはわからないかもしれないが、
電車に乗ったことの無い子供たちにとっては、たった1区間でも列車に乗るというのは
たとえ普通列車であっても(五島の子供は普通列車や急行、特急などの区別自体を知らない)
とてもワクワクして期待していたことを思い出す。

しかし、

長崎水族館で集合時間にバスに乗ってもなかなか出発しない。
どうも他の組の生徒がなかなか戻ってこなかったらしい。

それが理由で予定時間が過ぎてしまい、浦上駅の列車発車時刻に間に合わなくなったのだろう。
結局、その列車乗車体験の予定はパスされてしまった。
自分自身このことはとても残念だった記憶がある。
今では、毎日イヤというほど電車に乗っているが、あの子供ころの気持ちは、また別なのだ。

その後は、たしか、平和公園・原爆公園・長崎原爆資料館に行った。
平和公園には大きな平和祈念像があり、
「上に指さした右手は原爆の脅威を、水平にのばした左手は平和を示している」
という説明をガイドさんから受けた。
そして、資料館では痛ましい写真などがたくさんあり、
原爆、戦争の悲惨さを感じることができた。
小学生にとってはとても刺激的なものだった。

長崎県の公立小学校では、夏休み中の8月9日は原爆記念日として登校日になっており
その日は、戦争と原爆についての体験談を実際に被爆した先生から話しを聞いたり
戦争についての意見交換会などを毎年やっていて、こういう教育を受けていない他県の
生徒とは原爆や戦争に対する思いがやはり違うとわかったのは大人になってからだった。

やはり、話しを聞いているだけでも違うので、学校で時間を設けてこういう教育や話し合いは
持つべきだと思うようになった昨今である。

ともあれ、修学旅行は次の浦上天主堂へ移動となった。

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


週末の宿、あります!

今週の宿予約

□温ぱら□ ハウステンボス特集!話題のイルミネーションにも注目!


【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!


長崎への旅の宿


全国の貸切バス・観光タクシーの予約ができる「たびの足」


お得な旅行のご案内・『エアートーヨー』JAL・LAS・ANA他国内格安航空券・格安ツアー等、手配致します。『エアートーヨー』ではあなたの行きたい航空券を格安にてご提供!!更に格安・激安のツアーも全国取り揃えております。あなただけの為に提供する格安・激安旅行は是非『エアートーヨー』へ!!





ブログパーツ
ラベル:修学旅行 長崎
posted by レモネードの旅 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 修学旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

小学校の修学旅行 長崎(2)

小学校の修学旅行は5年生時の初夏だった。
7時ぐらいに小学校の校庭に集合して、そこから港のターミナルまで10分ほど歩いていった。
船の出港は8時か8時10分ぐらいだった記憶がある。(今でもそうだから間違いないだろう)

旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】

当時は大型のフェリーが就航する直前の時期で、楓丸、槲丸(かえでまる[漢字が合ってるかは自身がありません])
が就航していた。
そのどちらに乗ったかは覚えていないが、乗船して甲板で海を眺めていたとき、唾を吐こうとして
勢いよく吐き出したつもりだったが、風が強くて戻された唾が横にいた友人Hと女生徒にかかってしまい
とんだ迷惑をかけてしまった記憶がある。
あのような失敗は心に強く残っているもので、申し訳ない気持ちが今でもある。
その失敗もあり、あのような状況では、もう唾など吐いてはいけないことも心得ている。
失敗から学ぶこともあるのだ。

この頃の槲丸、楓丸では、船内でうどんの販売をしており、
この修学旅行のときに食べたか覚えていないが、大抵の場合、
列に並んでうどんを食べていた。
あの独特の味のうどんは簡単につくってあるものの非常においしかった。
現在のフェリーでも復活して欲しいものだ。

五島列島海鮮工房

船は奈留島、奈良尾を経由して12時ごろ長崎港に着いた。
船内で4時間も過ごすのだから、小学5年生のうるさい団体と一緒になった一般客はさぞ迷惑だっただろう。

長崎に着いて、すぐに昼食を取ったと思うのだがどこで取ったのか思い出せない。
昼食後は、長崎水族館へ行った。
ここには名物のペンギンが飼育されており、現在ではそのペンギンを強調すべく
「長崎ペンギン水族館」
と名称を変更しているようだ。
そこで、水族館の中の魚を見たり、ペンギンを見たりしたのだが、
僕ら田舎ものの小学生が夢中になったのは、遊園地の乗り物の方だった。
ゴーカートや観覧車、ジェットコースターなどは、遊園地のない五島福江の小学生にとってはいくら時間があっても足りないぐらいの楽しさであった。

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン

ブログパーツ
posted by レモネードの旅 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 修学旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。