2008年04月25日

小学校の修学旅行 長崎(6) 2日目…大浦天主堂

楽しいホテルでの夜が明けて、食堂でみんなで朝食をとった。この頃はまだ、今ほど家庭での食事はご馳走ばかりではなかったため、ホテルでの食事はおいしく感じられた。

昔は「今日はご馳走」なんて日がどんな家庭でもあったと思うのだが、近年、日本での食料事情がよくなったせいか、子供は常に昔で言う”ご馳走”を毎日のように家庭で食べている。
毎日の食事を何不自由なくおいしく食べられるのは、とても幸せなことなので、そういうことは今の子供たちにも伝えていかなければならないだろう。

朝食が終わると、またバスに乗って市内観光に向かった。
この日は、
大浦天主堂→グラバー邸→蛇踊り見物→食事→お土産等の買い物→フェリーで帰路に着く
となっていた。

最初に大浦天主堂 (1968年)に向かった。
僕は、幼稚園のころ、出島に住んでいて、小学校入学後も年に2、3回は出島の親戚の家へ遊びに行っていたので、このあたりの周辺の土地勘はあったものの、大浦天主堂の中に入ったことはなかった。バスの駐車場から大浦天主堂までの沿道にはおみやげ物やが立ち並んでいるので観光地に来た気分になる。そして大浦天主堂前でみんなで写真をとった。当時は小学生はカメラなど持ち歩くという習慣はなかったので写真はすべて学校による記録という形で撮られたものだけだったと思う。今は小学生でもデジカメや携帯のカメラを操作しているのが普通だから隔世の感がある。

大浦天主堂(外)_1[1].jpg

そして、大浦天主堂の中に入った。五島には昔、隠れキリシタンの島だったこともあり、クラスにもキリスト教信者が多かったり(だいたい1/3くらいがキリスト教信者かな?)、街中にも教会が多い。ただ、僕はキリスト教ではないので、あまり教会の中に入るということはなかったので、どんなところだろうと興味は少しあった。中に入ると、歴史的な教会だけあって趣きがあった。ステンドグラスの美しさが印象に残っている。

大浦天主堂(中).jpg

中でガイドによる説明がされるのだが、こんな内容は実際には何も覚えていない。やはり目で感じた印象が残るのだ。





ランキング参加してます。よろしかったらクリックしてくださいね!ねこマーク
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
ブログパーツ
posted by レモネードの旅 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 修学旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。